上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    技術力の商品化

    あなたは自分の技能を元に外の会社(外部の会社)に売れるものがあるでしょうか?

    自信がないんですね?

    ところが、自社所属の社員であれば、月100万円以上で売れたりします。

    フリーのSEだったら、70万でも大変でしょう。

    ではこの価格差はどこから来るのでしょう?
    (ちなみに会社によっては、月単価60万だったりします。それでもSEとしてはよいほうです。)

    それでは、自分の技術力を商品として販売することを考えて見ましょう。
    パッケージを売るということではありません。

    パッケージを売るには、別の力(=販売力)が必要です。
    この場合は技術的に優秀な製品であれば売り上げを上げられるという考えが、間違っているというのは、他の分野においても歴史的に証明済みです。

    価格差が生じる理由は様々ですが、ひとつあげるとすれば、ブランドをあげることができるでしょう。

    ブランドというと、大企業にしか関係ないと思われるかも知れませんが、小さな会社であっても、ブランドに違いはあります。「株式会社」と「有限会社」という点にもそれは現れていると思います。金額その他の条件が同じであれば、大勢の人が、有限会社ではなく、株式会社と契約をするのではないでしょうか。

    したがって、特別な優位点がない限り、有限会社は金額を下げて対抗するしかありません。

    この目に見えない「ブランド」というものを高めるためにはどうすればよいでしょう?

    できれば金銭的なコストはかけたくありません。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    Google広告
    Amazon商品紹介
    Amazon
    楽天
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    プロフィール

    アブラクサス太郎

    Author:アブラクサス太郎
    FC2ブログへようこそ!

    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。